FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車の拘り

2009.06.10.23:59

 引き続き車の話です。
私は車を改造したり、ホイールに凝ったりすることに興味はありませんが、1点だけ拘りがあります。
それは「快適にドライブ」することです。
その為に

その1 シートのこだわり
 たまたまシートが擦り切れてボロボロになり、仕方なく(ベンツの純正シートは高すぎて)レカロのシートに交換したところ、これが素晴らしくできが良い!ベンツのシートもよかったが、それ以上に体をきっちり支えてくれ、なにより長距離ドライブのあとの疲労の度合いが全く違う!
なんでもっと早く、このシートにしなかったのか。もう離せません。
本当に お勧めです。(ただし レカロ以外の他社のシートの使用経験なし)
興味を持たれた方は、騙されたと思って使ってみてください。
IMG_0161.jpg

その2 オーディオのこだわり
 私は移動手段として車を使用することが多いのですが、その際の癒しの手段は音楽です。
で、オーディオシステムには拘ったものを使ってます。
最近のカーオーディオはデジタルシステムと称してコンピューター(プロセッサー)を使い自由に音場や音質をコントロールしているようですが、私はこういったものは全くダメで(頭が痛くなります)、シンプル&ダイレクトなアナログシステムを組んでいます。

 アンプは、車で使うには大きさと消費電力で相当な覚悟がいるマッキントッシュの超巨艦の限定品です。(写真下)
音はモノが違います。ケタはずれと言っていいでしょう。専門的な話になりますが、出力トランスなるものがついていて、これが素晴らしい音色に関与していると思われます。このアンプは、エンジンに例えると、8000cc 12気筒のゆったりして力強い感と言ったらいいでしょうか。
IMG_0158.jpg

 スピーカーはちょっとマニアックで、ファス社のフルレンジスピーカー(高価なものではありません)です。
10センチ径ですが、今やレアメタルとなったアルニコマグネットを擁し、独特の魅力のある音を聴かせてくれます。
 カーオーディオも殆どが2ウェイ(スピーカーが高音用と低音用の2つあえる)、或いは3ウェイが主流となっているなか、フルレンジ(スピーカー1つ)は稀有な存在です。
低音 高音は出ませんが、「音楽は中音だ!」と割り切ってしまえば、素晴らしく魅力的な音を奏でてくれます。
それにネットワーク(高音と低音を分ける回路)を介さない素の音もたまらなく魅力的です。
私なりにこのスピーカーを評価すると、音楽を分析的に表現するのではなくて、音楽的に表現し、どこか「懐かしい」いい意味で「古めかしい」薫りの音がします。
定位も音像も悪く、レンジも狭く、一般受けする音ではありませんが、音楽の楽しさを奏でてくれる唯一無二のシステムです。
今日は少しマニアックな話になりましたが、これにて終了。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

たつおクリニック

Author:たつおクリニック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。