FC2ブログ

東京・ 小さな旅 ~永遠のボサノヴァ クイーン 「ソニアローザ」 とカラオケ その2

2009.07.21.14:13

 この連休に東京へ行く所用があり、ついでに 「小さな旅」 を楽しんできました。
初日は、今回で2回目ですが、もう家族ぐるみのおつき合いをしていただいているソニアローザ夫妻と夕食を。
この日は前回行ったシュラスコの店の姉妹店の 「バルアッコア クラシコ 新丸ビル店」 に行きました。ここはロケーションもよく、窓からの眺望も素晴らしく、雰囲気が良く、料理だけでなく会話も弾みます。
 シンプルに塩だけで味付けし、目の前で切り分けてくれるここの肉は本当に美味しく、いくらでも食べれて、帰り際にはお腹がパンパン! 肉好きにはたまらないお店です。もちろんビュッフェスタイルの野菜、オードブルも新鮮でたいへん美味しくいただきました。。
           R0010319.jpg
 食事の後は、お決まりの「カラオケ」!
目の前で聴く 「永遠のボサノヴァ クイーン ソニアローザ」の唄はCDで聴く唄とは別世界で感涙ものです。
今回は彼女について紹介します。

ソニア アンジェリカ ジ カルバーニョ ローザ
 伝説の競馬騎手として今も人々の尊敬を受ける国民的英雄 オラバ ローザ の娘としてブラジル サンパウロに生まれる。
幼少の頃より常に音楽のある環境に育つ。
14歳の頃より独学で学習したボサノヴァギターと歌で頭角を現し、18歳の時にはブラジリアンスターとして絶大な人気を誇るにいたる。
その頃、偶然にも日本の音楽関係者の耳にとまり来日し、1970年に渡辺貞夫プロデュースで日本デビューをはたす。
渡辺貞夫が出演していた店で大野雄二と出会い意気投合。大野雄二はTVのテーマ曲(ルパン3世 etc)、CM音楽(レディーボーデン etc)にソニアを数多く起用、アルバムも発表している。
数多くの作品を発表しているなか、レアな音源については、ネットオークションなどで高額で取引されているという。
近年、子育てに専念するために本格的な音楽活動を停止していた彼女だが、十数年の沈黙を破り、2006年に世界の超一流のスタッフのサポートのもと渾身のアルバム「Depois Do Nosso Tempo」をリリース。
今後の活躍が期待される。
なお、音楽プロデューサーとして活躍されてる DJ TAROは彼女の長男である。
 
     R0010320.jpg     R0010321.jpg     R0010322.jpg
 で、カラオケですが当たり前というか当然というか、これがまた素晴らしい!
「マスカレード」 「いそしぎ」 「虹のかなたに」 「スマイル」 「マイ フーリッシュ ハート」 「君の友達」 などの十八番の他に、カーペンターズ、バーブラストライサンド、バートバカラック、果てはビートルズナンバーまで約3時間あまり。
ソニアローザの歌は、可憐でキュート、そしてちょっぴりセクシーです。激しくシャウトする歌い方ではありませんが、我々日本人とは違ったリズム感、独特の節まわしの中に深い味わいがあり、私はそこに魅了されます。本当に至福のひと時を過ごすことができました。
私の役目はソニアが歌い易いようにカラオケのキーとテンポの調整をすることと、時たま箸休めの意味で「天才バカボン」 「あしたのジョー」 「ゲゲゲの鬼太郎」など、罵声を張り上げ歌うことです。
途中、ソニアの私へのリクエストで「ラブ ミー テンダー」を歌いましたが(珍しく真面目に!)、ソニアがオブリガードでコーラスをつけてくれて迫真のデュエット???となりました。
また、カミさんにも「奥さんの声にピッタリの曲よ」と言って「別れの朝」をリクエストしてくれ、ソニア自らカラオケの機械の調整をしてくれました。なるほどピッタリで (私が言うのもなんですが、よかった!) プロの目の確かさに驚かされました。
また、「リボン イン ザ スカイ」で私とソニアがスキャットでアドリブの応酬をし、ソニアをして「貴方は日本でスキャットができる数少ないシンガーだ」と言わしめました???
そんなこんなで、時間の経つのも忘れ、恐ろしいことに、世界の一流プロも素人も関係なく音楽を心底楽しみました。
前回も感じたことですが、歌手ソニアローザの最大の理解者はご主人さんで、お二人の国境を越えた愛、信頼感を強く感じ、とても温かな気持ちにさせられました。
ソニアは8月に入り、ある人のレコーディングに参加し(2曲参加)そのあと、休暇でスイスに行くそうです。
帰国後の再会を約束して(今度は豊橋かな?)別れました。
明日は所用と東京見物です。





スポンサーサイト



comment

Secret

No title

2009.07.23.23:09

ボサノヴァ クイーン ソニアローザさんと楽しい時間をすごされたのですね。カラオケといっても、一世を風靡した名曲を次から次へと歌われたのは、すごいです。揖保次郎もびっくり、またイボジでそうです。
「リボン イン ザ スカイ」って曲は、私にとっても、最近、すごくインパクトのあった曲です。夢のカラオケも、時間のたつのが早かったことでしょう。
先生は、ソニアローザさんのリクエスト、ラブ ミー テンダーにこたえられたんですか。これは、曲のことだったんですか、おしり突き出してませんでしたか?
プロフィール

たつおクリニック

Author:たつおクリニック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード